ドラゴンボールの世界感が実現?!電動スクーター

こんにちは『とりぼ』です!

今回はスマホでネットサーフィンしてたら気になる記事を見つけたので、紹介したいなと思います!

 


その記事が、ワクワクする科学や不思議なものが集まるメディアの科学ニュースメディアのナゾロジーで見つけた、空気を入れて膨らむ電動スクーター「Poimo」で、東京大学から発表されたそうです!

 

f:id:toribo21:20200515222214j:image


まずこの記事のタイトルだけを見たとき膨らむスクーターってどういうこと?ボディー部分はまだしもハンドルとかタイヤとかどんな感じなんだろう?と思いました!

記事を読んでいくと、どうやら膨らむのはボディー部分だけのようで、さすがにハンドルとかタイヤは無理だったのかもしれません!

 


この電動スクーターはバッテリー式で1回の充電で1時間程度走行することができ、時速10キロ程だそうで、従来のスクーターやバイクのように長距離ではなく、近距離での移動を目的として開発されたそうです!

例えば、工場内や大学内などの短い移動とか近くのコンビニに行く程度なのかなと思います!

 


このスクーターは膨らむスクーターなので縮めばリュックなどに入れて持ち運ぶことができ、ボディー、ハンドル、タイヤ、膨らます電気式ポンプの1セットで約5.5kgあるそうで、持ち運びをしてまで、持っていこうとは思わない重さなのかなと思ってしまいましたが、記事には、もっと軽量化していく予定とありました!

 


この記事を最後まで読んでみて1つ昔のことを思い出して、漫画の「ドラゴンボール」の世界で、カプセルコーポレーションが開発した製品で、バイクのようなものがボタンを押しただけで、小さなカプセルから出てくるシーンを思い出し、将来的にはボタン1つですぐ膨らんで、スピードや距離もどんどん向上していったいいなと思いました!!!

 

 

読んでいただきありがとうございます!

Twitterやっておりますのでよかってらフォローお願いします!

@toribo21_

あとInstagramも初めたのでよかったらこちらもフォローお願いします!

toribo21_diary

 


また次回のブロブで!!!