Twitterがサポート終了?!さらにサブスクがスタート?!

こんにちはとりぼです。

今回は多くのかたが情報収集や友達への近況報告などで利用されているSNSであるTwitterに関するニュースがあるので、そのお話をしたいと思います。そのお話がiOS11以前の端末に対してアップデートなどのサーポートを終了するニュースと、Twitterサブスクリプションを始めるかもしれないニュースの2つについてお話ししたいと思います。

f:id:toribo21:20200715220546p:image

  iOS11以前のサポートを終了

アメリカ現地時間の7月9日にiOS版公式アプリでiOS11以前の端末へのサポートは終了すると発表しました。最新バージョンは8.26でApp Storeにて『定期的な機能アップグレード、パフォーマンス向上、不具合の修正を今後利用するには、iOS12以上に更新してください』と告知されました。iOS11は2017年9月にリリースされたiOSで、Android向けGooglePlayストアでは数年前のバージョンでもサポートが続くことは珍しくありませんが、AppleiOSは最新版へのアップデート比率が比較的高いので、古いバージョンは切り捨てられることが多いかなと思います。

今回iOS11以前のサポートが終了しますが、iOS11に対応している端末はほとんどがiOS12に更新することができるので、今回の発表で何か影響が出ることは少ないと思います。ただいろんな事情でiOS11を使い続けたい方がいるかもしれませんが、アプリでTwitterを利用するにはサーポートが終了してしまうので、新機能などは使うことができなくなります。ですがブラウザー上でTwitterを使うことには影響は出ないと思うのでブラウザーで使って、新機能を体験してみるのも1つの手なのかもしれません。

 Twitterサブスクリプション

Twitterがサブスクリプション型のサービスの開発を進めていくことが求人広告で明らかにされました。Twitterは2017年にクライアントTweetDeckを使った月額有料プランを検討していると報じられていました。今回の明らかになったのが求人広告でグリフォンと呼ばれる新チームがサブスクリプションプラットフォームを構築していると記載されており、グリフォンチームは決済チームやTwitter.comチームと緊密に協力していると強調されていました。このTwitterサブスクリプションを行うかもしれないと報道を受けてTwitter社の株価が上昇したそうです。

今現在わかっている事は、Twitterサブスクリプション型サービスのプラットフォームを構築しているということで、Twitterでのサブスクリプションなのか、また別のサービスでのサブスクリプションなのかはわからない状態である。さらにどのようなサービスなのかも全然わかっていない状態である。今求人を出して作っている段階だと思うので、サービス自体の開始は数年後の話かもしれません。

終わり

今回はこんな感じで終わりにしたいと思います。Twitterスマホを多くの人が使い始めてから1人1アカウント持っているレベルで普及しており、気軽に情報収集できたり、自分の気持ちを発信できたりと便利なことばかりですが、使い方を間違えないように使っていきましょう。

 

www.toribo21.info

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったらSNSなどで拡散していただけると嬉しいです。TwitterInstagramをやっておりますのでよかってらフォローお願いします。

また次回のブログで!