『d払い』マイナポイント上乗せアップ解説!まとめ!

こんにちはとりぼです。

今回はNTTドコモがd払いにマイナポイントをひも付けることで付与されるポイントの上乗せ分をアップさせたことについてまとめていきたいと思います。どのように最大の2,500円相当のポイントが付与されるかの解説もしていますので最後まで読んでいただければと思います。

f:id:toribo21:20200729151951p:image

 d払いとは

d払いとは昨年のキャッシュレス還元事業に合わせてNTTドコモが開発・運営しているスマートフォン決済システムのことで、d払いで支払いをすることで200円につき1ポイントのdポイントが付与されます。他にも支払い方法でdカードを連携させて支払いを行うことでdカードのポイント還元とd払いのポイント還元を受けることができたり、限定のキャンペーンにエントリーできたりとドコモ経済圏の方にとっては使っておきたいスマホ決済システムとなっています。

d払いのマイナポイント事業

2020年9月から始まるマイナンバーとキャッシュレスの普及のために行われるマイナポイント事業について、当初NTTドコモが運営しているd払いは基準5,000円相当のポイントプラス500円相当のポイントを付与市、合計で5,500円相当が付与されると発表していました。しかし、他社のスマホ決済や電子マネーにおいては1,000円相当や2,000円相当、さらには抽選で100万円相当のポイントを付与するところもあり、比較してみると圧倒的にポイント付与上限が少ない状態になってしまっている。

そこで7月17日にNTTドコモはマイナポイントをd払いにひも付ける際のキャンペーンについてポイントを増量することを発表しました。当初の500円相当から最大で2,500円相当のポイント付与されるようになりました。このポイントに関してはこれまでのキャンペーンでもらえるポイントと同様に期間と用途が限定されているポイントとなっています。

2,500円相当のポイントがもらえるようになったとは言え、いくつかの条件などがあるのでまとめていきたいと思います。 

キャンペーン付与方法

まずこの2,500円相当のポイントの中で1,000円相当は当初発表していた500円相当に上乗せして還元されるので、なのでd払いをマイナポイントにひも付けて使うことで1,500円相当のポイントは還元されます。これだけでも当初の発表されていたキャンペーンよりも良い条件になっています。しかし後の1,000円相当分はどのようにして付与されるのかというと、9月1日から2021年3月31日までの間にd払い口座による支払い・チャージに対して5%還元されるキャンペーンの上限1,000円相当を組み合わせることによって最大で2,500円相当のポイントが付与されます。このキャンペーンによるポイント付与は他社と比べても1番多いポイント付与上限となるでとても良い条件ではないかと感じます。

終わり

MMD研究所の調査によるとd払いはスマホ決済システムにおいてPayPay・楽天ペイに続く第3位になっており、スマホ決済の中でわ使われている方になります。d払いはNTTドコモが運営していることもあて支払いの方法が携帯電話料金と合算やドコモ口座、そしてクレジットカード支払いと豊富なのが特徴でもありますし、使えるようなお店も多くコンビニはもちろんながら私生活においては困らない状態なので、d払いを使ったお得なお買い物をして頂ければと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったらSNSなどで拡散していただけると嬉しいです。TwitterInstagramをやっておりますのでよかってらフォローお願いします。

また次回のブログで!